BSFX

 

勝てそうなインジケーターや手法を探して試してみる→ちょい勝ちするも負け続けてしまう→また勝てそうなインジケーターや手法を探して試してみる→やっぱり継続して勝てない→そしてまた勝てそうな(略・・・といった負のループに陥ってませんか?

 

もしかすると今回ご紹介するBSFXが、そんな負の無限ループに終止符を打つかもしれません。

 

BSFXはエッジの効いた売買サインインジケーターを主軸にした、スキャルピングやデイトレードはもちろん、スウィングトレードにも臨機応変に対応できるトレード手法です。これからBSFXについて説明していきますのでどうぞ最後までお付き合いください。

 

 

 

 

チャート画面です。

BSFXは3本の移動平均線と、オリジナルの売買サインインジケーターだけでトレードします。

 

よくある売買サイン系のインジケーターとの違いは、シグナル出現の早さと精度の高さ

 

例えば上昇相場において、よくある売買サインが出現するのは相場が多少あがりはじめた頃ですよね。逆に下落相場でもよくある売買サインが出現するのは相場が多少下がってきてからです。従って上昇相場ではサインに従って買った瞬間に下落する・・・いわゆる高値掴みや、下落相場ではサインに従って売った瞬間に上昇する・・・いわゆる底掴みというケースが非常に多く発生します。これは売買サインが遅いからに他なりません。

 

こんな経験は今このページをご覧のあなたにも少なからずあったはずです。

 

BSFXの売買サインはそこがかなり違います。圧倒的に早くて精度が高い。

例えば上昇相場でしたら買いのサインでエントリーしていくわけですが、この買いサインの出現が相場が一旦上げ止まって下がり始めているその瞬間に出現します。下落相場の場合は、相場が一旦下げ止まって上がり始めているその瞬間に出現します。

 

つまり上昇相場では超早い段階で押し目買いエントリーが、下落相場では超早い段階で戻り売りエントリーができる、という事です。

 

押し目買いは理想的な底位置から、戻り売りも理想的な天井からのエントリーが可能です。

 

百聞は一見に如かず。様々な通貨ペアと様々な時間軸で事例を紹介してみます。

 

 

 

 

 

 

 

※見辛い場合は画像をクリック(スマホはタップ)で拡大表示できます

 

後でまだまだ事例を紹介していきますが、ひとまず如何ですか?

「お、ちょっとこれはすごいかも!」と思われた方、先へ読み進んでくださいね。

 

押し目買いは少し下がってきたほぼ底の位置から買いエントリーが可能です。

戻り売りは少し上がってきたほぼ天井の位置から売りエントリーが可能です。

つまりどういうことかと言いますと、圧倒的に早い位置からのエントリーを実現することで、利益を取れる機会が圧倒的に増えるということです。

 

これは短期売買になればなるほど特に有利に働きます。

 

そして手法自体はとてもシンプル。

冒頭にも書きましたが売買サインインジケーター以外に表示させるのは3本の移動平均線だけ。

 

この3本の移動平均線で相場の流れ(トレンド)を読み、上昇相場であれば買いサイン(チャート上の青い上向き矢印)に従って買いエントリーを。下落相場であれば売りサイン(チャート上の赤い下向き矢印)に従って売りエントリーを行うだけです。

 

ちなみにこの売買サインは、後から消えてしまったり勝手に位置が移動するといったリペイントは一切行いません。リアルタイムに出現した売買サインはずっとそこで表示されています。

 

そして時間軸にも通貨ペアにも制限はありません。

どの通貨ペアでも、どの時間軸でもBSFXは使用できます。

※一応オススメとしてBSFXでは1分足、5分足、15分足、1時間足、4時間足、日足のいずれかの時間軸でのトレードを推奨しています。

 

更に、中級者以上の方であれば既に経験済みかもしれませんが、CFDでもこの手法(インジケーター)は使用できます。金や銀にプラチナ、原油や石油、ダウ平均やS&P500、綿花や大豆などなど・・・そして仮想通貨も取り扱っている証券会社であればトレードが可能です。

 

 

 

 

※見辛い場合は画像をクリック(スマホはタップ)で拡大表示できます

 

このように、例を挙げると枚挙にいとまがありませんが、CFDでも十分に通用する売買サインだということがお分かり頂けるでしょう。

 

FXでもCFDでも圧倒的に早い位置からの精度の高いエントリーが収益性を抜群に高めてくれます。

これがBSFXのパフォーマンスです。

 

 

 

 

※見辛い場合は画像をクリック(スマホはタップ)で拡大表示できます

 

これがBSFXのチャート画面です。

 

メインで使用するのは3本の移動平均線。BSFXでは1分足、5分足、15分足、1時間足、4時間足、日足のいずれかでのトレードを推奨していますが、3本の移動平均線のパラメーターも各時間軸に合わせて全部微妙に異なっています。

 

そして矢印タイプの売買サイン。

上昇相場では買いサイン(青い上向き矢印)で買いエントリーのみを行い、逆に下落相場では売りサイン(赤い下向き矢印)で売りエントリーのみを行います。

 

そしてチャート左下にはATRというテクニカルを配置。

ATRとはアベレージ・トゥルー・レンジの略で一定期間の値幅を表示しています。BSFXではこのATRの数値をエントリー後の利食いや損切り設定に使います。

 

マニュアルできちんと解説していますが、肝となるのは3本の移動平均線でのトレンド判断。

3本の移動平均線が、上から青、赤、黄色の順で並んでいる際は上昇相場です。

 

 

反対に3本の移動平均線が上から黄色、赤、青の順で並んでいる時は下落相場と判断します。

 

 

トレンド判断はたったこれだけ。

後は上昇相場の時に買いサインが発生すれば買いエントリーを行い、下落相場の時に売りサインが発生すれば売りエントリーを行います。

 

非常にシンプルだと思いませんか?

 

シンプルすぎるくらいにシンプルですが、最終的にエントリー根拠となる売買サインが精度も高く尚且つ早い位置から出現するので、これだけシンプルな手法でもガンガン利益獲得を狙っていくことが可能になるんです。

 

当然どの時間軸でトレードするか?によっても1回のトレードで得られる利益に差がありますが、ここで更に実例を紹介していきますね。

 

まずは1分足。

 

 

 

 

 

※見辛い場合は画像をクリック(スマホはタップ)で拡大表示できます

 

1分足と聞くとスキャルピングをイメージしますが、BSFXの1分足トレードも当然トレンドに即したトレードなので1回1回しっかり利益を取っていくことが可能です。

 

続いて5分足と15分足で見ていきましょう。

 

 

 

 

 

※見辛い場合は画像をクリック(スマホはタップ)で拡大表示できます

 

5分足や15分足は1分足よりも多少ゆったりした時間軸で、デイトレードで愛用されています。1分足よりも当然1回で得られる利益は大きくなりますので、デイトレで大きく狙いたいのであれば5分足や15分足がオススメです。

 

続いてもう少し長い時間軸、1時間足と4時間足でBSFXのパフォーマンスを見ていきましょう。

 

 

 

 

 

※見辛い場合は画像をクリック(スマホはタップ)で拡大表示できます

 

1時間足や4時間足でのトレードともなると1回に取れる利益がかなり大きくなってきますが、その代わりにポジションの保有が早くて数時間、長いと数日程度保有することになります。

 

が、逆手に考えれば日中や夜も何かと忙しくされている方にとってはこれぐらいのタイムスケールの方が、あくせくせずにしかも大きな利益を手にできるのでむしろしっくり来るかもしれません。

 

最後に日足トレードの場合をいくつかご紹介します。

 

 

 

※見辛い場合は画像をクリック(スマホはタップ)で拡大表示できます

 

直近の日足は絶賛下落相場なので売りエントリーのケースが主になりますが、流石に時間軸が長めなので1回の利益も結構な大きさになります。

 

ちなみに日足トレードも時間があまり取れない方にオススメです。何故なら日足の場合、チャートチェックは朝の寄り付き時間の1回だけで済むからです。朝起きて寄り付き時にチャートを開き、前日のローソク足の上にサインが出ていれば注文発注するだけですから。

 

そしてこの売買サインはリペイントなしの確定待ち型です。

確定待ち型というのは、例えば今あなたが5分足チャートでBSFXを表示させているとします。時間は9時55分。9時55分に新たなローソク足が表示され始めますが、このローソク足の上にBSFXの売買サインが出現したとします。価格の上下と共にローソク足も大きくなったり小さくなったりしますが、この時点ではBSFXのサインも確定しません。そして10時00分になり新たなローソク足が生まれた時点で、9時55分のローソク足に売買サインが表示されたままであればこの売買サインは確定したとみなします。そして一度確定した売買サインは後から消えたり都合の良い場所に移動したりといったリペイントは一切ありません、ということです。

 

抜群に良い位置からのエントリーを実現するBSFXの売買サイン。精度の高さと早さがここまでのご紹介で存分にお分かり頂けたことでしょう。

 

稀に「トレンドが発生していればどんな手法でも勝てる」と仰る人がいますが、これは大きな間違いです。例えどれだけ強いトレンドが発生していても手法にエッジ(優位性)がなかったり、そもそも確たるルールもなく適当に売買しているのでは絶対に勝てません。

 

BSFXはその点を踏まえ、この売買サインが持つ優位性に加えて3本の移動平均線でフィルターをかけることで、しっかりとしたトレードルールを作り上げています。

 

もちろん利食いも損切りも非常に明確ですし、大きく利益を伸ばす方法についても明確にルール化しています。

 

 

 

 

ここまでBSFXについて解説してきましたので、一度整理すべく特徴をまとめてみました。

 

1540_32通貨ペアと時間軸は自由

※時間軸については1分足、5分足、15分足、1時間足、4時間足、日足を推奨

 

1540_323本の移動平均線の並び順でトレンドの方向を判断

 

1540_32トレンドと同じ方向に売買サインが出現し確定したらエントリー

 

1540_32利食いと損切りはATRを使用

 

尚、売買サインには各種アラート機能(音、ポップアップ、メール送信)も実装しております。

 

と、手法がシンプルなので特徴やルールといったものもおのずとシンプルになります。しかし大切なのはエッジ(優位性)があるかどうか。

 

その点BSFXは売買サインにエッジを持たせてあります。圧倒的に精度が高く早い位置からのエントリーを実現するBSFXのサイントレードを是非ご自身で体感してみてください。

 

 

 

 

BSFXの商品内容

・メタトレーダー4用設定済みチャートテンプレート

(1分足、5分足、15分足、1時間足、4時間足、日足)

・オリジナル売買サインインジケーター

・オンラインマニュアルアクセス権(会員サイト1ページで全ての内容を掲載)

・購入後1年間は無料で回数無制限で利用できるメールサポート

 

販売価格:29800円(税込)

ご購入はこちら

【投資に係るリスクおよび手数料について】
当商品は、著者と同じような利益が出ることを保証するものではありません。信用取引やFXは価格変動リスクを伴い、また証拠金を上回る取引を行うことがありますので、場合によっては投資額を上回る損失を被る可能性があります。信用取引やFXには取引業者の売買手数料がかかります。

 

 

 

 

初心者ですがBSFXでトレードできるでしょうか?
はい、オンラインマニュアルで丁寧に解説しているので初心者の方でもご安心ください。
チャートはメタトレーダー4を使用するのですか?
はい、メタトレーダー4を使用します。
証券会社に制限はありますか?
いいえ、メタトレーダー4を提供している証券会社であれば特に制限はありません。
BSFXを始めるにあたって証拠金はいくら必要ですか?
国内証券会社であれば最低10万円、海外証券会社であれば最低1万円必要になります。
BSFXはトレンドフォロー手法ですか?
はい、BSFXはトレンドフォロー手法です。買いの場合は押し目買い、売りの場合は戻り売りを実践します。
売買サインはリペイントしますか?
いいえ、BSFXの売買サインは後で消えていたり勝手に都合の良い場所に移動したりといったリペイントは一切行いません。一度確定した売買サインはずっとその位置に表示されます。
売買チャンスは1日に何回くらいありますか?
トレードする時間軸にもよります。1分足であれば1時間で何回も売買チャンスがありますし、5分足や15分足であれば日に数回、1時間足や4時間足であれば週に数回、日足であれば月に数回の売買チャンスとなります。
売買ルールは明確ですか?
はい、BSFXの売買ルールはシンプル且つ明確です。
BSFXはCFDでも利用できますか?
はい、メタトレーダー4で銘柄が表示できるのであればBSFXでトレード可能です。
売買サインにはアラート機能はついていますか?
はい、サイン出現時に音とポップアップでお知らせします。またメール送信機能もついています。全てオンオフが可能です。
サポートはしてくれますか?
はい、購入後1年間は無料で回数無制限で利用できるメールサポートがございます。
返金保証はありますか?
原則として返金には応じられませんので、予めご了承ください。また購入前にはご自身のパソコンでメタトレーダー4が動作するかどうかを必ずご確認ください。

 

以上、よくある質問をまとめましたが上記Q&Aで解決しない疑問点や聞きたいことがありましたら下記のお問い合わせフォームをご利用ください。

 

 

 

 

 

特定商取引法に基づく表記